住宅街戸建ての外観

注文住宅を成功させるための間取りの考え方とは

新築戸建てのイメージ

注文住宅を建てるとき間取りは重要です。ポイントを押さえておくことで成功につながります。
注文住宅を建てる土地が決まったら、最初にまわりの環境を考えることです。例えば自然に囲まれた環境であれば、なるべく外が見渡せるような間取りにすることで、開放的な注文住宅になります。
逆に車と人が多い道路に面した環境であれば、外から見えにくくすることです。かわりに中庭など内部が充実した間取りにすることで住みやすくなります。
最初に環境を考え、共存するような間取りにすることが大切です。
そして光をうまく取り入れることも、住みやすい間取りにするポイントになります。光は太陽の当たり方と、周りの建物を考えることです。
太陽の軌道を考えるとともに、光を遮る周りの建物を計算することで、よく光が入る場所と光が入らない場所を知ることができます。
光がよく当たる場所は、リビングルームなど家族が長時間生活する部屋がよいです。逆に光が少ない場所はバスやトイレを配置するとよいでしょう。
そして西日を避けたい場合は、まわりの建物や木などを利用して間取りを考えることです。事前に光の入り方のシミュレーションをしておくと、心地よい環境を作ることができます。
これらのポイントを押さえてから、注文住宅は業者へ依頼しましょう。

Recent Posts

  • 屋根が斜めの戸建て

    自分にあった注文住宅を手に入れるための業者の選び方

    注文住宅で思い通りの家を手に入れるためには、自分にあった業者を選ぶことが大切です。業者によって注文できる内容が変わってきます。自分が造って欲しい注…

    Readmore

  • ベージュ色の戸建て

    注文住宅で成功するために必要な専門業者の判断の仕方とは

    注文住宅は業者へ依頼することになりますが、そこでよい営業マンと出会うかで成功の確率が変わってきます。そのため、よい営業マンか判断する方法が必要です。…

    Readmore

  • 手のひらの家と草原

    こだわりを取り入れた家にするなら注文住宅を選ぼう

    どんな家に住みたいかと聞いた場合、人それぞれに答えが違ってくるでしょう。平屋で建てたい、部屋数にこだわって三階建てがよいなど、建物の構造にこだわる場合もあ…

    Readmore

  • 新築戸建てのイメージ

    注文住宅を成功させるための間取りの考え方とは

    注文住宅を建てるとき間取りは重要です。ポイントを押さえておくことで成功につながります。注文住宅を建てる土地が決まったら、最初にまわりの環境を考える…

    Readmore